HOME > 教育福祉学部

教育福祉学部

乳幼児の保育・教育、初等教育、養護教育に加え社会福祉についても専門的に学び、保育所・教育機関を中心に活躍できる人材を育成する「子ども学科」と、中高の保健体育教育や特別支援教育、またスポーツを通した地域活性について学べる「スポーツ教育学科」を設置。

「子ども学科」では保育士や幼稚園教諭・小学校教諭・養護教諭の免許、社会福祉士(受験資格)を取得可能。
「スポーツ教育学科」では中高の保健体育教諭や特別支援学校教諭の免許を取得可能。
家庭や地域社会に働きかけることのできる福祉の視点と、子どもの本質をきちんと理解できる教育者の視点の両方をバランスよく学習できるのが本学の特長です。
子ども一人ひとりの状況に寄り添って、個性や可能性を引きだすための知識や技術を学んでいきます。

教職サポート

小さな大学の大きな魅力

1クラス10名(平均)の少人数教育と学修の記録

夢の実現をサポートするため「学修の記録」を活用しています。
入学時から卒業まで、『自分の目標はなにか』『それを達成するために何をしたのか』を学生自身が記録。
定期的に教員と振り返りをすることで、自分自身の成長を実感することができます。
また、課題を早期に発見し解決に取り組むことができます。

少人数教育

学修の記録

キャンパス内に「認定こども園」開園!
多彩な取り組みが注目を集め、NHKも取材に

2013年4月大学のキャンパス内に認定こども園を開園しました。
『認定こども園』とは、幼稚園と保育所の機能を併せ持った施設です。
キャンパス内に附属こども園があるのは全国的にもめずらしく、学生の身近な実践の場として、あるいは最先端の保育活動の場として地域の期待が高まっています。
学生との盛んな交流の様子や、iPadを使った園独自の授業は注目を集め、その取り組みはNHKにも取材を受けました。

教育ボランティア

子ども園イベント

免許・資格の組み合わせで可能性が広がる!

専門性の高い免許・資格を複数取得することができるのも本学の魅力のひとつ!
幅広い専門知識を学べるので、応用力も身につき、自分の可能性を広げることができます。

複数の免許資格の組み合わせ

子ども学科

教育福祉の専門家として、子どもの発達、教育、福祉をトータルに考えられる教育・保育・福祉のスペシャリストを育てます。

子ども学科
子ども教育コース
子ども福祉コース

スポーツ教育学科

「スポーツ×現場教育」を通し、人と地域に深く触れ合う教育者を育みます。

スポーツ教育学科
スポーツ教育学科
  • 学修の記録
  • 先輩VOICE
  • 教員紹介

ページの先頭へ